受験のための受験!日商1級と全経上級の違い!税理士挫折?

最終更新日

おはこんばんちゎ。みねやんです☆

WordPressを始めてから自分の思う配置や設定にたいと思って、最近プログラミングの勉強をしてます。

今日、勉強してるときにフと思ったのが、勉強し始めは全然分からないのはいつでも一緒やな…ってこと。

そこで今回は、過去を振り返りつつ【税理士挫折】受験のための受験!日商1級と全経上級の違い!と題してお届けして参ります。



税理士試験を受験するには?

税理士試験を受験するには、受験資格が必要です。

令和2年度の受験

  • 申込期間:令和2年5月7日~令和2年5月19日
  • 試験日:令和2年8月18日~令和2年8月20日
  • 合格発表:令和2年12月18日
日付 時間 科目
8月18日(火) 9:00~11:00 簿記論
12:30~14:30 財務諸表論
15:30~17:30 消費税法or酒税法
8月19日(水) 9:00~11:00 法人税法
12:00~14:00 相続税法
15:00~17:00 所得税法
8月20日(木) 9:00~11:00 固定資産税
12:00~14:00 国税徴収法
15:00~17:00 住民税or事業税

上記日程になる可能性が高いでしょう。

学識による受験資格

  • 大学、短大又は高等専門学校を卒業した者で、法律学又は経済学(※1)を1科目以上履修した者
  • 大学3年次以上で、法律学又は経済学(※1)を1科目以上含む62単位以上を取得した者
  • 一定の専修学校の専門課程(※2)を修了した者で、法律学又は経済学(※1)を1科目以上履修した者
  • 司法試験合格者
  • 公認会計士試験の短答式試験に合格した者(※3)

資格による受験資格

  • 日商簿記検定1級合格者(※4)
  • 全経簿記検定上級合格者(※5)

職歴による受験資格

  • 法人又は事業行う個人の会計に関する事務(※6)に2年以上(※7)従事した者
  • 銀行、信託会社、保険会社等において、資金の貸付け・運用に関する事務に2年以上(※7)従事した者
  • 税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助事務に2年以上(※7)従事した者

 

※1 法律学又は経済学について

1 「法律学」とは、法学、法律概論、憲法、民法、刑法、商法、行政法、労働法、国際法等が該当します。

2 「経済学」とは、マクロ経済学、ミクロ経済学、経営学、経済原論、経済政策、経済学史、財政学、国際経済論、金融論、貿易論、会計学、商品学、農業経済、工業経済等が該当します。

3 それぞれ、専門科目である必要はなく、一般教養科目でも該当します。⇒詳細はQ&Aを参照してください

 

※2 一定の専修学校の専門課程とは、1修業年限が2年以上2課程の修了に必要な総授業時間数が1700時間以上であるものをいいます。 ⇒詳細はQ&Aを参照してください

 

※3 平成18年度以降の合格者に限られます。

 

※4 日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者

 

※5 公益社団法人全国経理教育協会主催簿記能力検定試験上級合格者(昭和58年度以降の合格者に限られます。

 

※6 複式簿記による仕訳、決算、財務諸表作成事務等をいいます。

 

※7 異なる勤務先等の職歴は、通算して2年以上となれば受験資格があります。

 

引用:国税庁HP




税理士になることを挫折した理由!

まずは何故、税理士になろうと思ったかというと、『お金が好きやから』という理由で簿記を始めたところからでした。

初めに就職した先が消費者金融で、会計ソフトのようなものに入力していたので、少しだけ貸借がわかっていました。

そこで日商簿記3級を受験すると、すんなり合格し、2級に進むことにして、工業簿記が良く分からないので職業訓練で2級の勉強をしたりして何度目かで合格。

となると、次は1級を目指しますよね?

日商1級の勉強を始めてみたら2級とは全然違い、書籍の量と難しさにビックリ!

web上のスクールで勉強していたんですが、ライブ配信だけでは理解が出来ずオンデマンドでも勉強してました。

税理士受験をするために私の場合は日商1級か全経上級を合格する必要があったので必死でした。

日商は3~4回受験しても合格とは程遠い点数で何度心が折れたことか…。点数が一桁の科目もありました。

そこで、税理士試験を受験する対象となる全経上級を知り、全経も受験することにしました。

全経は日商とは違いもうちょっと頑張ったら何とかなるかも?と思える点数で、2回目に合格しました。

合格後すぐに税理士試験の申込をして記念受験をしようと思ったのですが、全く勉強してもなく遠い大学まで行くのが面倒で申込だけして行かなかったのが2回。

税理士試験の勉強をするとなると、独学ではなかなか難しく、スクール代もそこそこするので、スクール代の捻出が出来ず独学をしてたんですが、全く理解出来ていないので申込だけ2回しただけで挫折して終了となりました。

受験のための受験は通過点なのでホントにしんどいです。

理解が出来ず・覚えられずが続き、税理士試験の受験をするのを諦めました。

そこで気付いたのが、勉強が好きな訳でもなく、絶対に税理士になりたいという訳でもない。
『お金が好き!』ということでした。

『お金が好き』ということに気付いてからは勉強もしていません。

お金が好きで引きこもりなところは変わってないので、web上で出来るブログ作成をしたり、覆面調査をしたりしてちょこちょこお小遣い稼ぎをして、自分のブログを収益化することを目指し出しました。←いまここ




日商1級と全経上級の違い!

日商1級の合格率10%程で、全経上級は20%前後と合格率が倍程の違いがあります。

日商1級の試験問題は『日本語が難しい』と感じ、全経上級は『会計学』の理論を覚えるのが難しいと感じるかと思いますが、理論は対策することが出来るので何とかなります。

一方、日商1級の『日本語が難しい』というのは、問題の意図が分からないということになるので、回答が2通り考えられたりもします。

問題の意図を読み取ることも必要になるので、ほんっとに難しく萎える試験です。

試験対策としては日商1級を勉強しながら会計論の対策をするというのが一般的ではないでしょうか。私もそうしてました。

ちなみに会計論対策本を読んで覚えるよりも、全経上級の過去問で出題された会計論だけを抜粋して一覧にして覚えると効果的です。

これから試験に挑む方も日商1級の勉強をしながら会計論対策をすると良いと思いますょ♪

ある人の名言!

覚えたことは忘れるだけ。理解したことは使える。

この言葉を聞いたとき、おぉ~!と思いました。
理解していないから問題が解けないというのも同じですょね。

他には、YOSHIKIさんの名言として『やってやれないことはない。やらずに出来る訳がない』というのも好きな名言です。

どちらの名言もどんな場面でも言えることなので、大切な言葉として心にとめています。




まとめ

【税理士挫折】受験のための受験!日商1級と全経上級の違い!と題してお届けして参りました。

  • 受験のための受験は通過点なので合格しても通過点に過ぎないことからしんどさを感じる。
  • 日商1級は日本語を理解する能力も問われる!
  • 全経上級は理論対策をすれば合格できる!
  • 私の場合は机上でのお金ではなく現金が好きなので税理士を目指さなくなった。
  • きちんと理解をしていれば、簿財は合格できるらしい。

 

という結果になりました。
いかがでしょうか。

私の『現金が好き』という理由から挫折するというのは珍しいかも知れませんが、実際は簿財の範囲も半端なく勉強時間が取れなかったのも1つの理由かも知れません。

ただ、今になってもう1度勉強したいとは全く思わないので前者の理由の方が大きいのでしょう。

今はプログラミングに興味があり、ブログの収益化を目指しています。

応援して下さいまし(:D)┓ペコ

ってな感じで今日はこの辺で。
ヾ(*’-‘*)マタネー♪



シェアする