四十肩は五十肩で本当の病名じゃない!

最終更新日

おはこんばんちゎ。

年齢を重ねると、肩が上がりにくくなったり、肩を動かすと痛みが出たりするようになって、『四十肩になった~』やら『五十肩になった~』というおばちゃん達の声が聞こえてきますよね。

いつも行ってる整形外科で知り合いのおばちゃんが、『手首骨折して固定してたら五十肩になった』って聞いてビックリしたょ。

そこで今回は、四十肩は五十肩で本当の病名じゃない!と題してお届けして参ります。

四十肩と五十肩の違いって何?

正しい病名は『肩関節周囲炎』って言いますねん。

四十肩と五十肩の違いは年齢だけ。

っちゅ~のも、昔は50代前後に出やすい症状やったんが、最近は運動をする機会が少なくなったり、便利な世の中になってきたから肩周りの筋肉を使うことが少なくなってきたりして、40代でも症状が出るようになったから、四十肩って言うようになったんやって。

四十肩か五十肩かの区別は50代以前かどうかってことなんで、20代・30代でも四十肩って言うんやろね。

四十肩や五十肩の症状は?

 

加齢による代謝障害で、細胞やら組織の機能低下が起こることによって肩関節周りの筋肉とかに変化が起こる病気で、症状は肩を上げたり腰に手を回したりしたときに何か違和感があったり、痛みが出たりするのが症状。

肩関節には4つの筋肉があって、その4つの筋肉が炎症したり部分的に断裂が起こったりして肩の痛みが出たり、動きにくくなったりするみたいよ。

炎症を起こしてるときは動かさん方がイィし、動かさん過ぎても余計に肩関節周りの筋肉が硬くなるから、整形外科へ行って診断してもらってリハビリするのがイィやろね。

四十肩や五十肩の予防法は?

予防はやっぱり若い内からストレッチして身体全体を柔らかくしておくことしかなぃんちゃぅかなぁ。

筋肉が柔らかかったらちょっとした衝撃くらいやったら柔軟性で耐えれたりするけど、硬くなってたらそのまま衝撃がドカーンと関節やら骨に響くからねぇ。

まぁ、簡単に言うたら空気の入ってる自転車とパンクしてる自転車を乗り比べたら、空気の入ってる自転車やったら段差に耐えれるけど、パンクしてる自転車やったら段差の衝撃がそのまま身体に響いてくるよね。

なんで、何の症状もない内から日々のストレッチが大事ってことやね。

まとめ

四十肩は五十肩で本当の病名じゃない!と題してお届けして参りました。

  • 四十肩と五十肩の病名は『肩関節周囲炎』。
  • 肩回りに痛みや違和感が出たら早目に整形外科へ行こう!
  • 今、何の症状もなくてもストレッチは大切!
  • 全身に柔軟性があると多少の衝撃にでも耐えられる!

 

という結果になりました。
いかがでしたでしょうか。

まぁ、老化してくのはしゃ~なぃけど健康で元気で居たいよね☆

ってな感じで今日はこの辺で。
ヾ(*’-‘*)マタネー♪

 

シェアする