使用頻度の高いショートカットキーとファンクションキー(F1~F12)!

最終更新日

おはこんばんちゎ。みねやんです☆

PCを使うのが当たり前の時代になりましたね。
むしろ、無いと困る位。

そこで今回は、使用頻度の高いショートカットキーとファンクションキー(F1~F12)!と題してお届けして参ります。




使用頻度の高いショートカットキー!

【Ctrl】+【A】=文章全体を選択

マウスで全文を選択するのは面倒なので、全文選択するときに使います。

【Ctrl】+【B】=選択した文字を太字にする

マウスで選択した文字を太字にします。

【Ctrl】+【C】=選択部分をコピー

マウスで選択した文字をコピーします。

【Ctrl】+【F】=検索ボックスを開く

特定の文字や名前の検索などをする場合に使います。
後述するF3と同じ機能です。

【Ctrl】+【V】=コピーしたものを貼り付け

【Ctrl】+【C】でコピーしたものや、【Ctrl】+【X】で切り取ったものを貼り付けます。

【Ctrl】+【X】=選択部分の切り取り

マウスで選択した文字を切り取ります。

【Ctrl】+【Z】=直前の操作を元に戻す

間違えた直前の操作を、やり直しせずに元に戻せます。
ExcelやWordでの矢印をマウスでクリックするのと同じです。




便利なファンクションキー(F1~F12)!

F1

ヘルプが開きます。

F2

選択しているファイルやフォルダー、アイコンなどの名前を変更します。

F3

検索窓が開きます。
【Ctrl】+【F】と同じ機能です。

F4

Edgeでは頻繁に見ているサイトのアドレスバーなどが開きます。
※Chromeでは開きません。

F5

開いているサイトの再読み込みをします。

F6

文字を入力した後に押すとひらがなになります。

F7

文字を入力した後に押すと全角カタカナになります。

F8

文字を入力した後に押すと半角カタカナになります。

F9

文字を入力した後に押すと全角英数字になります。

F10

文字を入力した後に押すと半角英数字になります。

F11

画面を全画面にします。
戻す場合は再度【F11】を押すかキーボードの左上にある【Esc】を押すと元に戻ります。

F12

WordやExcelなどのOfficeソフトで、『名前を付けて保存』ウィンドウが表示されます。




使い勝手の良い機能!

【Ctrl】+【マウススクロール】

画面表示の拡大・縮小ができます。

【Ctrl】+【Alt】+【Print Screen】

画面全体をコピーできます。

Snipping Tool

新規作成⇒画面のコピーしたい部分を選択すると、コピーしたい部分だけコピーできます。

まだお使いじゃない場合は画面左下の検索窓でSnipping Toolを検索してタスクバーに固定しておくと使いたいときスグに使えて便利ですよ。

【Shift】+【スペースキー】

スペースキーだけだと全角文字のスペースが入りますが【Shift】+【スペースキー】にすると半角スペースにすることができます。

【Shift】+【文字】

ローマ字入力の場合、大文字の英字入力ができます。




困った場合の対処法!

  1. マウスの右クリックで何とかなるか確かめる。
  2. 【Ctrl】+【Alt】+【Delete】でタスクマネージャーを開く。
  3. どうにもならない場合は再起動してみる。




まとめ

使用頻度の高いショートカットキーとファンクションキー(F1~F12)!と題してお届けして参りました。

  • ショートカットキーを覚えると便利に使える!
  • ここに記載していないショートカットキーもあるので気になる方は検索を!
  • ファンクションキー(F1~F12)も便利に使えるので覚えよう!
  • ショートカットキーとファンクションキーは被ってるものもある!
  • Snipping ToolはWindows10から導入された便利機能!

 

という結果になりました。
いかがでしょうか。

ショートカットキーはほぼ全てのローマ字で存在しますが、今回はσ(・・*)アタシの使用頻度の高いものをご紹介しました。

覚えるとホントに便利に使えるので、これを機会に覚えてみてはいかがでしょうか。

ってな感じで今日はこの辺で。
ヾ(*’-‘*)マタネー♪



シェアする